プロフ画像大阪府の医療事情と日に日に高まる医療ニーズ

 

東京に次ぐ日本の大都市である大阪。
人口も非常に多く、しかし大阪府の面積は非常に狭いことから、人口密度がとても高くなっています。
そんな中で府内ではエリアごとに格差が生まれており、その是正が一つの課題となっていると言えるでしょう。

ただ、やはり大都市だけあり、医療事情は非常に良く、大学病院やそれに匹敵するような大規模な医療センター等も複数存在しているため、医師が働く地域としてはとても魅力的に感じるのではないでしょうか。

特に大阪市では医療費助成を拡大し、『妊婦検診及び出産後の検診なども実質無料にする』、あるいは『ワンコインで受けられる』など、より多くの住民が医療機関に通いやすい環境を整えてきています。
医師も当然その恩恵を受けることとなるため、そうした観点から見ても、魅力的且つ意義のある転職先エリアとなるはずです。

一方で、既に触れたように、大阪府内でも一部地域では過疎化が進み、医療事情のあまりよくないところもあります。
大阪府に限ったことではありませんが、しかし大都市であることを踏まえつつ見方を変えればまだまだポテンシャルを秘めており、高齢化社会が本格化する日本国内にあって、人が集まる大阪府には大きな医療ニーズがあると考えることができるでしょう。

転職直後のことを考慮するのか、それとも長い目で見ながら転職先を検討するのかによって、大阪府内でも着目するエリアが変わってくるのかもしれません。

プロフ画像大阪府の医師求人や募集傾向を知る

 

人口が多く大規模医療施設も多々あります。
また、病院のみならず診療所及びクリニックも多数存在することから、大阪府の医師求人数は他の都道府県と比較しても非常に多い状況となっています。

常時1,000件前後は用意されているでしょう。
医師の求人の集まる転職サイト1つでそれほどの数が集まります。
公開されていない求人や、医療機関が独自に募集をかけているケースなども含めれば、さらに数は多くなるはずです。

大阪府内の医療機関の募集傾向として多いのは、退職する医師の代わりに”新たな医師を受け入れたい”と考えていることとともに、非常勤ではなく”常勤医師を募集”する傾向も強まってきています。
これは上で触れたような医療事情とも関係しているのでしょう。
もちろん他の地域と比べれば非常勤医師を募集する医療施設も少なくないため、あらゆる医師のニーズに応えられる状況にあると言っても問題はありません。

医師全体の平均年収はさほど高くはない大阪府ですが、しかし、女性医師を含む新たな募集傾向として見た時には、高年収を提示する求人が目立ちます。
収入面を妥協しなければ大阪府の医師求人が見つからないということもないはずです。