1. 女性医師が大阪府で転職を考えるときのポイント

女性医師が大阪府で転職を考えるときのポイント

女性医師に対する十分な求人数とニーズ

大都市ほど、女性の活躍する場が増える傾向があります。
東京都内を見ればそれは一目瞭然。
当然、大阪府のような巨大都市でも同様に、女性が活躍できる状況にあると言えるでしょう。
もちろんそうなる環境が十二分に整っているからなのですが、これは医療現場においても変わりません。

大阪では女性医師の割合が非常に多いため、女性の医師にとっても働きやすく、また、転職先を探しやすい状況となっています。
女性医師のみを対象とした求人は法律の関係上出すことはできませんが、女性を歓迎する医療機関は多く、求人からそれがわかるかどうかは別として、むしろ女性医師の転職を希望している病院及びクリニックは少なくないでしょう。

これはもちろん医師全体の不足が一つの原因とはなっているのですが、小児科や産婦人科など、患者やその家族などが女性医師の必要性を感じている分野において特にニーズが高まっていることも関係しています。

現在では女性医師の転職のための求人サイトや転職サービスも登場してきているため、より絞り込んで医療機関を厳選したい場合には、そうしたサービスを利用してみるのもいいかもしれません。

職場環境や勤務条件での確認ポイント

女性医師が大阪府内の医療施設に転職を試みる時は、まず自分の置かれた状況や希望する環境などを整理し、それにできるだけ合致した病院なりクリニックなりを選択することが重要です。

家族がいるのであれば、住みやすさや教育環境なども考える必要が出てくるでしょう。
結婚や妊娠、出産または育児などを控えている女性医師であれば、そうした医師に対する福利厚生が充実しているか、特に休暇制度などが備わっているかどうかのチェックも欠かせないポイントとなります。

制度が備わっていたとしても、それを利用・取得することを風潮的にあまり良しとしない病院や診療所もあるかもしれません。
応募先の候補に挙げた医療施設における女性医師の休暇取得率や、また離職率なども合わせて確認しておくと転職の失敗を回避することができるでしょう。

家庭を持っている女性医師にとって、勤務時間は非常に重要な項目となるはずです。
残業があるのか、当直やオンコールは必須なのか、こうしたところにも目を向けながら、また、求人票の記載事項と事実とに違いはないかなども、必要に応じて転職エージェントのコンサルタントの力も借りながら確認すると、より働きやすい職場へと移ることができるのではないでしょうか。