1. 景気が上向き好転しつつある大阪府に住むという選択

景気が上向き好転しつつある大阪府に住むという選択

医師にとっても住みやすい環境が整う大阪府

医師として働くために大阪府を選択する、これは決して間違ってはいないはず。
これだけの大都市ですから、医療機関の数も質も、そして規模も申し分なく、思うようなキャリアアップを目指すための環境は十分に整っていると言えるでしょう。

それとは別に、生活圏としての魅力も大阪府は持ち合わせています。
職場がある地域としてはもちろんのこと、居住地として考えた時にも問題がないどころか、魅力を感じる人が多いのではないでしょうか。

大阪は、ここ10年で最も変化したエリアと言ってもいいでしょう。
行政体質が激変し、それに伴って府全体も好転してきている状況が続いています。

そんな中でも、『治安が良く住みやすい』と言われているのが、箕面市高槻市吹田市などの各地域。
その分、賃料が高めではありますが、医師として働くのであれば問題はないはず。
さらに茨木市豊中市なども同様に開発が進んでおり、非常に賑わいを見せてきています。

面積的には決して広くはない大阪府ですが、地域ごとに大きな特色の違いがあるため、もし転職に伴って住居も引っ越すのであれば、それぞれの地域の特色を把握してから判断しなければなりません。

子供を持つ家庭から支持されつつある大阪市

府内でも、とりわけ強い存在感を示しているのが大阪市です。
政令指定都市である大阪市も、ここ数年間で以前とは見違えるような行政体質へと変化し、経済的にも行政的にも非常に良い方向へと向かっています。

治安があまり良くないエリアも依然としてあるものの、しかし、市全体で見れば子供を持つ家族からも支持されつつあるため、一家で引っ越すには非常に注目すべき地域と言えるでしょう。

経済で言えば、外国人観光客数が全国でもトップであり、ホテルの稼働率やデパートの売り上げなども東京よりも上。
地価の上昇率も全国トップであり、今最も成長する都市であると言っても過言ではありません。

それに伴い医療のニーズも増加しています。
大型の病院や市立の総合医療センターなどが存在し、医師が腕を磨くためには最高の環境が整っているのです。
もちろんクリニックも多く、多くの医師を迎え入れる体制や環境が揃っています。

家族連れから支持が高いのは、教育無償化に熱心であることもその理由でしょう。
府全体では所得制限はあるものの私立高校が無償化され、大阪市内に限っては、4歳児と5歳児の教育費は所得制限なしで完全無償。
医療費助成も拡大され、妊娠期や出産後の検診も無料か格安で受けられる状態が整っています。

今後統合型リゾートなどができれば、さらに経済的に発展し、より居住地として住みやすいエリアになることは間違いありません。
物件の価格等が高騰する前に居を構えておくのも、一つの考え方となるでしょう。