1. 大阪府の医療状況及びニーズと医師求人との関係性

大阪府の医療状況及びニーズと医師求人との関係性

ほぼ全ての診療科目にニーズあり

日本でも屈指の大都市である大阪府
巨大病院も多々あり、この医療圏においては、今後さらに充実が見られると予想されます。

現在の段階では、ほぼどの分野においても医師が足りない状況が続いているようです。
大阪府の医師求人が出ているもの、あるいは、医師は必要だけれども求人が出ていないものを含めた必要医師数では全体で1,000人以上が不足しているというデータがあり、これを解消するのは並大抵のことではありません。
おそらくすぐに人員を確保し十分な医師数を揃えることは難しいでしょう。

特に医師が足りていないのは、内科系小児科精神科外科脳神経外科整形外科産婦人科放射線科麻酔科救急科などとなっています。
これらは常にニーズの高い分野であり、大阪府に限った現象ではないものの、人口が多いだけに全国でも不足が深刻化している診療科目でもあります。

内科系は、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科などが特にニーズの高い分野となっており、常に求人情報をキャッチすることができるはず。
多少であれば条件や待遇等にこだわったとしても、このニーズの高さから、十分に納得のできる転職ができるのではないでしょうか。

また、どの分野も特に大阪市内で不足している状況が続いているため、生活圏としても魅力的な大阪市内へ転職しようと検討している医師にとっては、ニーズと住みやすさの両方を感じられる転職となるかもしれません。

高い競争率は避けられない大学病院や好待遇案件

紹介したようなニーズの高い分野においては、条件及び待遇のいい求人案件が非常に多く出てきています。
大阪府の医師求人は比較的好待遇案件が多いのですが、その中でも、人手が足りない分野や医療機関に関しては、キャリアアップと収入のアップを両立させられる転職が実現できるでしょう。

ただ、その中でも競争率の高低があるため、それとの兼ね合いも考慮しながら転職活動を進めていかなければいけません。

大阪府内には大学病院やそれに匹敵するほどの医療機関が複数あり、また、診療所やクリニックなどでは非常に条件のいい案件も多く出ている状況です。
このような案件は求人が出たとしてもすぐに空きが埋まってしまい、また、非常に優秀な人材が集まりやすい傾向もあります。

当然ではありますが、大阪府は大都市であるために、多くの医師にとって非常に魅力的な街なのです。
そのような地域で好待遇案件が出れば、競争率が激化するのは当たり前の流れでしょう。

当たり前なだけに、敢えてそこに飛び込むのか、それとも少し条件や環境の良さを妥協して早々に転職先を決定させることを優先させるのか、ここは慎重に考えなければいけません。